技術資料

SMA レセプタクルの信号線径・穴径とSパラメーター

1.サンプル

・マイクロストリップ差動ペアライン(差動ペア部の配線長 100mm)
・差動ペア配線の両端にSMA レセプタクルを半田で実装
・SMA レセプタクルの信号線径は、φ0.45mm、φ1.25mm の2種類。
・プリント配線の特性インピーダンスφ0.45mm 実装品・・・差動 107.2Ω、シングル 60.9Ω
φ1.25mm 実装品・・・差動 100.6Ω、シングル 57.2Ω

2.方法

8.5GHz4 ポート・ネットワークアナライザー(アジレントE5071A)で300k~8.5GHz のSdd11 を測定。

3.結果

計測器のインピーダンスは50Ωのため、トレースとのインピーダンスミスマッチによる反射は、信号線径が0.45mm の方が大きいことが予想されるが、信号線径が細いほど、反射量が少なかった。
例えば、5GHz におけるSdd11 は、信号線径が1.25mm の場合は-5dB、0.45mm の場合は-15dB であり、10dB の差があった。

4.結論

SMA レセプタクルを基板にスルーホール実装する系で反射を抑えるためには、信号線径を細くすることが重要。

その他関連技術資料をご覧になりたい方は新規会員登録をお願いいたします。
新規会員登録をする
ログインをする

ページの先頭へ戻る