商品・サービス サービスメニュー

部品調達・実装

少量多品種・短納期~量産まで対応します。

産業全般、医療、通信など、分野のニーズに合わせたプリント配線板を供給している中で、開発から実装までワンストップソリューションを提供しています。

 

対象課題

  • 開発から生産まで短納期で実現したい
  • 0402サイズなど、高密度、難易度の高い部品を実装したい
  • 高難易度部品のリワークが出来ずに困っている
  • プリント基板、実装の手配をそれぞれ行うのではなく、実装品として一括購入したい
  • 調達部品の在庫管理および終息部品管理を無くしたい

特長

少量多品種・短納期対応

試作短納期

最短 中1日

品質保証

検査基準として国際規格 
 IPC-A-610 Revision E クラス2採用
外観検査機使用
X線検査(目視不可部品全数)
目視検査
顕微鏡(10倍・20倍)を使用し全数半田の状態を検査
プリズム検査
BGAに関しては、マイクロスコープにて外周の半田状態も確認
ベーキング・デシケータ導入で実装前より基板・部品を管理

高密度実装・基板改修

・BGA・LGA・QFN・CSP等 リードレス部品はX線にて半田状態を確認
・0402サイズのチップから搭載可能
・実装済み基板よりジャンパー配線 パターンカット
・BGAの載せ換え・リボール・再実装・BGAからのジャンパー配線

EMS(電子機器受託製造サービス)

・高い信頼性が求められる産業、医療、OA機器、自動車、計測機器分野へ40年以上の供給実績。PoP実装にも対応(中国・蘇州)
・分野、仕向け先、数量等に応じて最適な部品購入・生産拠点の提案と適用。
・半導体・電子事業の生産終息(EOL)情報を把握、代替品情報とともにお客様へ提供。
・国内試作結果に基づく海外量産の品質向上のための改善提案、自社設計電気検査治具の海外立ち上げ支援等、
  中国・ベトナム3工場の量産立ち上げを日本よりサポート。

概要

供給会社 株式会社対松堂(当社株主)
設立

EMS事業1974年

商品 部品購買・管理、電気検査治具の設計・製造、部品実装、機器組立
部品購入 日本、香港
生産拠点 日本(愛知)、中国(蘇州、深セン)、ベトナム(ハイズン)
部品購入 日本、香港
主な分野 産業、医療、OA機器、自動車、計測機器
認証 ISO9001(品質)、ISO14001(環境)、
ISO13485(医療機器製造;日本・ベトナム)、
ISO/TS16949(自動車部品製造;中国(深セン))

実績

テーマ 結果
短納期製造

最短 中1日

高密度実装

例)部品点数約7000点(BGA 5個 QFN 12個 LGA 25個0402サイズ混在基板)

BGAリワーク

BGA交換作業委
BGAリポール作業
BGA再実装作業
BGAジャンパー配線
QFN・LGA等 リードレス部品にも対応可能

関連事例

ワンストップソリューションによる「品質の良い商品」を「リーズナブルな価格」で

高品質の中核部品を基幹部品を自社で開発・製造していると、高コストになる傾向にあります。

これらの課題に対し、当社グループでは、単純な製造受託サービスだけでなく量産性を追求した設計・開発、量産時の在庫や物流等、管理の合理化、EOL(構成部品のメーカーによる生産中止)対応により、品質の良い商品をリーズナブルな価格で提供することができます。

  • 実装
基板を破棄することなく、品質を損なうことなくBGAリワークをしたい

部品や半田付け不具合により正常に動作しなくなった基板について、BGA/CSPパッケージにおいては半田接合部が部品で隠れており簡単にリペアが出来ず基板を廃棄、または実装された基板をリフローに流して半田を溶融させながら部品を取り外すため、不具合部品以外に耐熱の問題が出る可能性がありました。リワーク装置の導入により品質を損なうことなくBGAリワークが可能になりました。

  • 実装

当社のご紹介


プリント基板(プリント配線板)製造30年以上の実績

RITAエレクトロニクスはアイカ工業株式会社のプリント配線板事業が2014年4月に独立して発足したプリント配線板総合メーカーです。
国内の産業機器を中心としたお客様にパターン設計・シミュレーション、試作から量産までのプリント配線板製造・部品調達・実装、およびお客様の開発段階における電気的な性能に関する問題解決(コンサルティング)を行なっております。

保有設備

よくある質問

パターン設計およびプリント基板製造の基準を教えてください。

当社では、「プリント配線板 設計・製品 標準仕様書」という標準仕様を纏めた物を用意しております。ご要望がありましたら、お渡し可能ですので、お問い合わせをお願いします。
なお、抜粋の「設計標準仕様書」は、会員用のダウンロード資料としてダウンロード可能ですので、会員登録の上、ダウンロードいただいても結構です。ただし、特別会員向けとなりますので、登録時に簡単な審査がございます。

基板製造ではどのような材料・材質が対応可能でしょうか。

当社では、一般FR-4、FR-5相当材、ハロゲンフリー材、低熱膨張材、低損失材、ポリイミド系、BTレジン、CEM3、など様々な材料・材質で製造することができます。

なお、会員登録していただければ、ダウンロード資料の中で対応可能な材料一覧をご覧いただくこともできます。

UL番号を教えてください。

番号はE95993となります。以下URLより確認いただけます。

オンライン・サーティフィケーション(認証製品)ディレクトリー にて

UL File Number : に " E95993 " を入力し、参照ください。

日本で製造したものを海外に発送いただくことは可能でしょうか?また、海外の製造委託先から注文を入れることは可能でしょうか?

海外発送は可能です。海外からのご注文も対応しております。

海外に製造委託されていると思いますが、日本入れの場合、品質保証はどこが窓口でやられていますでしょうか?

窓口は全て日本で行っています。海外製造委託品であっても、品質保証は全て弊社が責任もって行います。

海外で量産することを考えています。その試作を行う場合、海外材の指定をすることはできますでしょうか?

全ての材料ではありませんが、Nanya材、Shengyi材は国内製造でも対応しております。ただし、数量により材料在庫の確認が必要です。事前に連絡をお願いいたします。

輸出する際に必要となる該非判定書を発行いただくことは可能でしょうか?

対応可能です。お問合せフォームまたは営業担当へお問合せをお願いいたします。

パターン幅と流せる最大電流の目安は、いくつでしょうか。

目安は銅厚み35μmの場合、1mmの幅で1A、5mmの幅で5Aとなります。

基板製造の納期はどの程度でしょうか?

最短納期は、8層基板の貫通仕様で3日となります。また、ビルドアップは1段仕様で4日となります。それ以外は、個別にお問合せをお願いいたします。

プリント基板はどのような業種に納入されていますか?

主に産業機器向けに使用されています。得意分野としては、放送・通信関係、医療機器関係、一般工作機器関係、設備関係となります。信頼性が要求される分野への納入が多くなっています。

ページの先頭へ戻る