技術資料

SMA レセプタクルの信号線径・穴径とSパラメーター

1.サンプル

・マイクロストリップ差動ペアライン(差動ペア部の配線長 100mm)
・差動ペア配線の両端にSMA レセプタクルを半田で実装
・SMA レセプタクルの信号線径は、φ0.45mm、φ1.25mm の2種類。
・プリント配線の特性インピーダンスφ0.45mm 実装品・・・差動 107.2Ω、シングル 60.9Ω
φ1.25mm 実装品・・・差動 100.6Ω、シングル 57.2Ω

2.方法

8.5GHz4 ポート・ネットワークアナライザー(アジレントE5071A)で300k~8.5GHz のSdd11 を測定。

3.結果

計測器のインピーダンスは50Ωのため、トレースとのインピーダンスミスマッチによる反射は、信号線径が0.45mm の方が大きいことが予想されるが、信号線径が細いほど、反射量が少なかった。
例えば、5GHz におけるSdd11 は、信号線径が1.25mm の場合は-5dB、0.45mm の場合は-15dB であり、10dB の差があった。

4.結論

SMA レセプタクルを基板にスルーホール実装する系で反射を抑えるためには、信号線径を細くすることが重要。

プリント基板に関する最新技術資料を
無料ダウンロード!
70以上の技術資料
会員登録を行えば、プリント基板に関する最新情報、当社独自の知見をまとめた技術資料を無料でダウンロードいただけます。

【ダウンロード資料例】

  • DDR3メモリバスの設計手法
  • 差動伝送路の設計と信号品質
  • 12G-SDIリターンロス規格合致のための基板設計手法
  • IBIS-AMIモデルを用いた高速信号シミュレーション
  • 10Gbps超伝送の基板設計最適化

など全70テーマ

更に、セミナー情報も定期的にご案内。
この機会に是非ご登録ください。 ※会員登録は無料です。
  • 新規会員登録する
  • ログインする

ページの先頭へ戻る