技術資料

短納期プリント基板製造

課題

納期が遅いことで、ビジネスチャンスを逃していませんか?

経済のグローバル化や技術革新が進む現代において、電気業界のモノ作りの現場に対しては、”高機能””高品質”という要求に加え、”短納期生産”という新たな付加価値が求められるようになってきています。市場ニーズが多様化する現代において、短いサイクルで製品を供給できないと、機会損失やデッド在庫の発生という問題が起ってしまいます。

当社のご提案

1. 小ロット、短納期製造が可能な理由

 社内一貫体制により短納期対応をしています。データをお預かりした後のCAM編集~出荷梱包まで全ての工程を内製化※1しています。また、短納期製造を行うために、計画を担う生産管理には生産管理システムを導入しています。データ編集を行うCAM編集では自動データ編集ツールを独自で開発し、短時間でのデータ編集を行っています。製造ラインでは、内層回路の自動露光機、フィルムを使用しない直描機を用い、段取り時間の短縮を図っています。また、プレス工程においては小型のハイドロプレスを導入し、小ロット、かつ、短時間生産を行っております。印刷工程においても、ダイレクトシルクの導入により、段取り時間の改善を図っています。

 

 ※1:表面処理の金めっき工程と鉛フリーレベラー工程を除く。

 

2. 新規品納期順守率99%以上

  新規品の標準納期と最短納期は、表1の通りです。例えば、12層基板で表面処理がフラックスの場合、当日 AM10時までのデータ提供で、最短で4日で出荷いたします。インピーダンスコントロール品、一般FR-4材以外の特殊材料であっても、材料在庫さえあ れば、同一日程で対応出来ます。貫通基板だけでなく、樹脂埋め基板やビルドアップ基板も、全工程を内製化しているため、短納期でお届けしており、納期順守 率は、99%以上を実現しています。

表1. 対応納期一覧表
※前日予約かつ当日AM10時までにデータ受付の場合、受付当日を1日目としてカウント

 

 

3. 品質を守る。

 試作品といっても品質は妥協しません。製造前に入念なデータチェックを行い、製造品質を確保できるCAM編集を行います。お客様からお預かりしたデータに不備があった場合、または、CAM編集により編集すべき箇所があった場合は、連絡を入れさせていただいています。
 製造は、量産ラインと同一のラインで製造しています。AOIおよびAVIによる外観検査、フライングプローブによる電気チェックも全数実施しており、量産と同一品質にてお届けしています。当然、インピーダンスコントロール品も対応しています。

結果

他社より速い納期が、貴社のビジネスチャンスを逃しません。

12層貫通基板の納期は6日が標準納期ですが、最短納期コースを使うことにより4日で出荷いたします。

 

その他関連技術資料をご覧になりたい方は新規会員登録をお願いいたします。
新規会員登録をする
ログインをする

ページの先頭へ戻る