会社情報

会社概要

ご挨拶

弊社は、アイカ工業株式会社のプリント配線板事業が2014年4月に独立して発足したプリント配線板総合メーカーで、産業機器を開発・生産している国内外のお客様に電気的な性能に関する提案、アートワーク設計、シミュレーション、多品種少量から量産までのプリント配線板の製造・供給を行っています。

社名に有る「RITA」はReal Integrated Technology and Advisoryの略で「お客様のために洗練された技術とサービスを総合的に提供する」意味を込めて決定致しました。

2016年12月には株式会社対松堂のグループ会社となり、国内および海外での電子機器受託製造サービス(EMS)も提供できるようになりました。今後は、設計開発から実装・組み立てまでをワンストップでご提供する事により、お客様の電子機器の開発の合理化・信頼性向上に貢献できるように一層努力してまいります。

代表取締役CEO 木村 邦昭

基本情報

商号

RITAエレクトロニクス株式会社

本社

〒461-0004 愛知県名古屋市東区葵3丁目15番31号 千種ニュータワービル14階
Tel:052-930-6151 / Fax:052-930-6157

代表者

代表取締役CEO
木村 邦昭

マネジメント
チーム

代表取締役CEO
木村 邦昭
代表取締役(非常勤)
田中 寛孝
取締役(非常勤)
小林 英康
上席執行役員(営業本部長)
堀尾 徳隆
執行役員(生産・調達本部長)
原 和幸
執行役員CTO(開発・ソリューション本部長)
田中 顕裕
執行役員(生産・調達本部設計担当)
清水 淨二
監査役(非常勤)
藤川 稔也

資本金

3億5千万円

従業員数

220名(2017年4月現在)

事業内容

プリント配線板の研究開発、設計、製造、販売、コンサルティングサービスなど

取得認証

ISO9001
ISO14001

営業拠点

東京、大阪、名古屋

海外拠点

深圳(中国)

生産拠点

岐阜県恵那市山岡町(生産・調達本部)

株主

株式会社対松堂

取引銀行

三菱UFJ銀行
三井住友銀行

沿革(プリント配線板事業)

1984年2月

プリント配線板製造会社 アジアプリント工業(株)(後のアイカテクノプリント(株))に資本参加

1984年12月

製造子会社 アイカ電子(株)設立にて、アイカ工業(株)がプリント配線板事業を開始

1987年4月

パターン設計会社 ヤマト電子(株)(後のアイカエレテック(株))へ資本参加

1989年10月

追加株式取得により アイカエレテック(株)を子会社化

1996年

特性インピーダンスコントロール基板の供給を開始

2002年

高速シリアル伝送対応パターン設計を開始

2002年4月

製造子会社 アイカ電子(株)へアイカテクノプリント(株)を吸収合併

2003年

ノイズ対策パターン設計を開始

2014年4月 RITAエレクトロニクス(株)およびそのグループ会社が、アイカ工業(株)のプリント配線板事業を会社分割により包括的に承継。
アイカ工業(株)電子カンパニー → RITAエレクトロニクス(株)
製造子会社 アイカ電子(株) → RITAエレクトロプロダクツ(株)
設計子会社 アイカエレテック(株) → RITAエレテック(株)
2015年10月

RITAエレクトロニクス(株)へ RITAエレクトロプロダクツ(株)と RITAエレテック(株)を統合

2016年12月

(株)対松堂が弊社の全株式を取得し、同社傘下に。

ページの先頭へ戻る