お知らせ

RITAからのお知らせ

RITAエレクトロニクス主催プライベートセミナー (2024/7/1東京、2024/7/4大阪、2024/7/10名古屋)
2024/05/27

イベント名

プリント基板の高速伝送・電源安定化・ノイズ対策セミナー

日時

東京会場   2024年7月 1日(月)

大阪会場   2024年7月 4日(木)

名古屋会場  2024年7月10日(水)

すべて13001730(受付開始1230

場所

・東京会場

IKE・Biz としま産業振興センター 6

東京都豊島区西池袋2-37-4

https://www.toshima-plaza.jp/access/

 

・大阪会場

グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)12

大阪府大阪市北区中之島5丁目3-51

https://www.gco.co.jp/visitor/access

 

・名古屋会場

ウインクあいち 愛知県産業労働センター 9

愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38

https://www.winc-aichi.jp/access/

主催

RITAエレクトロニクス株式会社

協力(五十音順)

インテル株式会社(総代理店:株式会社マクニカ)

キーサイト・テクノロジー株式会社

参加費

無料

注意事項

  • ・内容は予告なく変更される場合があります。
  • ・参加者の連絡先情報やアンケート結果は主催者グループ会社、協力社(インテル株式会社/
  •    株式会社マクニカ、キーサイト・テクノロジー株式会社)と共有いたします。
  •    これら会社からの連絡があることをご了承ください。
  • ・当日欠席された場合の後日の印刷資料発送は基本的に行っておりません。各社へお問合せください。
  • ・講演資料の電子データ配布については、主催社または協力社によります。直接お問い合わせください。
  • ・当日はアンケート用紙を配布いたします。アンケートにご協力ください。
  • ・定員になり次第、締め切らせていただきます。その際はご容赦ください。
  • ・主催者および協力社の競合他社様などは、お申込み頂いてもご参加をお断りする場合があります。
  •    あらかじめご了承ください。

セミナー概要

【受付】

・時 間: 12:30開始

 

【開催に際してのご挨拶】

・時 間: 13:00~13:05
・発表者: RITAエレクトロニクス株式会社

代表取締役CEO 原 和幸
取締役CTO 田中 顕裕

 

【セッション1】

・時 間: 13:051345
・テーマ: 高速DRAM搭載基板シミュレーションのSパラメーター導入による高精度化
・概 要: DRAMはDDR4LPDDR4が主流となっており、またDDR5LPDDR5も採用されつつある中、プリント基板設計時に行うシミュレーションの活用が機器開発のポイントの一つになっています。

本セッションでは、複数のI/O信号の同時動作に対応した多ポートかつ高精度なSパラメーターを抽出し、波形シミュレーションを実施する場合のメリットを、一般的な伝送線路シミュレーションと比較する形で紹介します。

・発表者: RITAエレクトロニクス株式会社 
開発・ソリューション本部長
中西 秀行

 

【セッション2】

・時 間: 14:001440
・テーマ: LPDDR5/DDR5を見据えた最新FPGAの今
・概 要: Altera®の最新ミッドレンジ製品であるAgilex 5 FPGA EシリーズおよびDシリーズについて紹介します。LPDDR4/DDR4、 LPDDR5/DDR5世代のメモリーをサポートし、SoCタイプでは ARM Cortex A76もサポートしている新世代FPGAです。
また、従来型のパッケージ/ボールアサインでは無く、より少ない層構成でFPGA実装基板が利用できるように工夫された、Variable Pitch BGAパッケージを採用しています。また、Agilex 5 FPGA Eシリーズを搭載した評価ボード、SoMボードの最新情報も紹介します。
・発表者: インテル株式会社 / Altera
シニア・プロダクト・マーケティング・マネージャー
橋詰 英治様
FAEマネージャー
冨田 幹貴様

 

【セッション3】

・時 間: 14:551535
・テーマ: LPDDR5メモリの波形品質測定の実際
・概 要: LPDDR5 メモリは、モバイル機器や車載機器向けに更なる高速化を実現しており、測定においては、これまで応用的に使われてきた観測点移動が必須になる前提で評価を考える必要があります。
本セミナーでは、DRAM Read/Write 切り分け等の基本的な測定方法と観測点移動について、実測波形例を元に解説します。また、自動測定ソフトウェアでLPDDR5のテストを試行した内容をご紹介します。
・発表者: キーサイト・テクノロジー株式会社
ソリューションエンジニアリング本部 ソリューションコンサルタント
長嶺 銀河様

 

【セッション4】

・時 間: 15:501630
・テーマ: プリント基板のプレーン共振対策による放射ノイズ抑制
・概 要: 様々な分野の電子機器おいて、搭載するキーデバイスを用いた回路の高速化、低電圧・大電流化が進んでおり、放射ノイズの増加や機器の誤動作等の問題が生じるリスクが高くなっています。この解決には、プリント基板の仕様やパターン設計最適化が有効です。本セッションでは、プリント基板のパターン設計段階におけるプレーン共振対策の有効性を放射ノイズ・電源インピーダンス(Z11Z21)との相関を交えて紹介します。
・発表者: RITAエレクトロニクス株式会社
開発・ソリューション本部 コンサルティンググループリーダー
野﨑 孝英

 

【ソリューション展示・個別相談会】

・時 間: 16:401730
・内 容: 本セミナーで説明に用いた実機評価ボードや関連ソリューション商品を展示スペースでご案内します。
また、各社の担当技術者がお客様からのご相談に直接対応させて頂きます。

お申込み

本イベント参加のお申込みは、以下URLからお願いします。

https://ritael.web-tools.biz/Seminar_Requests_202407/

お問い合わせ

弊社HPお問い合わせ窓口までお願い致します。

備考

本イベント内容は記事公開時点のものであり、予告なく変更になる場合があります。

ページの先頭へ戻る