お知らせ

RITAからのお知らせ

RITAエレクトロニクス主催ウェビナー (2021/01/15開催, RITAは講演を実施)
2020/12/15

イベント名

高速画像処理ボードの最新技術と開発ソリューション

 

日時

2021年1月15日(金)

 

13:20から入室可能です

 

13:30~14:00

【セッション1】株式会社アバールデータ

「FPGA搭載ボードを用いた高速画像伝送と処理 -画像・AI処理におけるFPGAの使いどころ-」

 

14:10~14:40  

【セッション2】RITAエレクトロニクス株式会社

「プリント基板の高速画像伝送対応 -SDI/CXP/自動車向け高速IF-」

場所

オンライン ご自身のPCからお気軽にご参加ください。
配信用ソフトウェアには、Microsoft TEAMS ライブイベントを使用します。
Microsoft Teamsアプリのほか、Microsoft Edge、Google Chrome等の最新のウェブブラウザ―で視聴できます。

参加費

無料

主催

RITAエレクトロニクス株式会社

共催

株式会社アバールデータ

 

セミナー概要

【セッション1】

・時 間: 13:30~14:00
・テーマ: FPGA搭載ボードを用いた高速画像伝送と処理 -画像・AI処理におけるFPGAの使いどころ-
・概 要:

昨今、様々な分野における画像処理やAIを用いたシステムの進化は目覚ましく、データ伝送や処理についても、より多様で高速な技術が求められています。

その要望に応えるため、弊社ではFPGAを中心とした技術を駆使し、CoaXPressによる高速画像伝送や入力画像に対する処理を実現しています。

本セミナーでは、FPGAの一般的な話題からスタートし、高速通信や画像処理、AI処理といった観点から、FPGAの使いどころを紹介いたします。

・発表者: 株式会社アバールデータ 福田 和宏様

 

【セッション2】

・時 間: 14:10~14:40
・テーマ: プリント基板の高速画像伝送対応 -SDI/CXP/自動車向け高速IF-
・概 要:

カメラ画像等の大容量データ伝送のため、業務用放送機器ではSDI、産業用カメラではCoaXPress(CXP)、自動車向けではFPD-Link、GVIF、GMSL等の規格があります。

これらは同軸ケーブルを用いたシングルエンド伝送を基本に、CXPと自動車向けでは同軸ケーブルは電源と制御信号の伝送媒体を兼ねます。

搭載部品・デバイス、インピーダンス調整回路、電源重畳回路、クロストーク対策等の観点で、プリント基板の設計開発方法を具体的に紹介します。

・発表者: RITAエレクトロニクス株式会社 本木 浩之

 

お申込み

本イベント参加のお申込みは、以下URLからお願いします。

https://ritael.web-tools.biz/Seminar_Requests_20210115/

 

尚、参加定員に限りがございますので、ご了承ください。

※お申込みはすでに終了しました。

※オンデマンド配信を行っております。

この内容はhttps://www.ritael.co.jp/news/2021_146/をご覧ください。

 

ページの先頭へ戻る