お知らせ

RITAからのお知らせ

RITAエレクトロニクス主催ライブ・ウェビナー (2020/10/29開催, RITAは講演を実施)
2020/10/05

イベント名

LPDDR4搭載基板の開発支援ソリューションセミナー

~電気設計のポイントから実波形評価まで~

日時

2020年10月29日(木)

 

13:30~14:10

【セッション1】 株式会社システック 

「i.MX8M-LPDDR4 SOMにおける設計・開発のポイント」

 

14:20~15:00  

【セッション2】 RITAエレクトロニクス株式会社

「LPDDR4-SDRAM対応基板ソリューション -LPDDR4デバイス内配線分岐や層構成の影響-」

場所

オンライン ご自身のPCからお気軽にご参加ください。
配信用ソフトウェアには、Microsoft TEAMS ライブイベントを使用します。
Microsoft Teamsアプリのほか、Microsoft Edge、Google Chrome等の最新のウェブブラウザ―で視聴できます。

参加費

無料

主催

RITAエレクトロニクス株式会社

共催

株式会社システック

セミナー概要

【セッション1】

・時 間: 13:30~14:10
・テーマ: i.MX8M-LPDDR4 SOMにおける設計・開発のポイント
・概 要:

昨今では高速通信、低消費電力の要望が増加しております。

その様な中で産業・医療・自動車分野向けに、最新の高速CPU・DRAM搭載ボードの供給を想定し、プロトタイプボードを開発しました。

今回のセミナーでは独自の開発実績をベースとしたシステム開発(要件定義・ハード開発・ソフト開発)を行う中で培った、設計・開発のポイントをご紹介します。

・発表者: 株式会社システック 河合 孝真

 

【セッション2】

・時 間: 14:20~15:00
・テーマ: LPDDR4-SDRAM対応基板ソリューション -LPDDR4デバイス内配線分岐や層構成の影響-
・概 要:

自動車、産業機器など様々な分野でLPDDR4-SDRAMの採用が増えています。

今回はNXP製i.MX 8M Miniアプリケーション・プロセッサとLPDDR4搭載のSOM(System on Module)の開発事例をもとに、LPDDR4搭載プリント基板のパターン設計とシミュレーションの方法について解説します。

今回は特に、LPDDR4が大容量でデバイス内で配線が分岐している場合や、基板の層構成がデバイスメーカーのリファレンスボードと異なる場合の、波形やノイズへの影響をとりあげます。

また、LPDDR4用BGAプローブアダプターを用いた波形実測例を示し、その適用のポイントを紹介します。

・発表者: RITAエレクトロニクス株式会社 本木 浩之

 

お申込み

本イベント参加のお申込みは、以下URLからお願いします。

https://ritael.web-tools.biz/Seminar_Requests_20201029/

 

尚、参加定員に限りがございますので、ご了承ください。

 

ページの先頭へ戻る